家や年齢の順で回ってくる役員の数々

家や年齢の順で回ってくる役員の数々

 班長(組長)、農家組合の役員、地域会など家の順番に回ってくる役員や、区長、消防団、若妻会、老人会、子ども会役員など年齢の順に回ってくる役員があります。

 また、葬儀関係の役や手伝いなど、地区によっては様々な係りがあり、昔からの相互扶助の形が今に続いているものもあります。

 ただ、これらの役員は単純に家や年齢順ということではなく、その家の事情や状態によって免除されることもあります。区長など重要な役は男性優先という面も多少あり、相応の男性がいない家は免除されるし、病人や不幸のあった家も考慮されます。できる時がきたらやってもらいましょうという、助け合いの形がここでも生きています。

 ただ、できるのに理由をつけて避けるのは、人間性が問われます。

 また、神社や公民館のそうじもグループごとに回ってきます。

 このような奉仕作業にきちんと参加することが、地域に溶け込む一番の近道です。
posted by 芝山遼太郎 at 21:46 | 田舎生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。