脅威の情報伝達網

脅威の情報伝達網

 集落の中で起きた大きな事件(交通事故や救急車で運ばれた人が出た等)はもちろんのこと、○○さんの家の猫が死んだことなどどうでもいいような事件まで、情報はその日のうちに知れ渡ります。

 また、個人の家でおきたことも同様に(○○さんの家の娘ができちゃった結婚するとか、××さんの家では息子が高校受験に失敗したとか)数日のうちに伝わります。

 良いことより悪いことのほうが、正確に早く伝わるのはどの社会でも同じですが。
 あの人がそんなことまで知っているのかと驚かされることもあります。バラエティ番組を見ている年寄りが多いせいか、芸能情報だって若者顔負けです。

 伝達の方法は、老人が孫のベビーカーを押しながらうわさをばらまいていくとか「ねえねえ知っている、誰にも言わないで」で伝わっていくケースなど昔からのオーソドックスなアナログ手段が多いようです。

 それでどうということはないのですが、みんなが同じ情報を共有することで、共同社会が安定するらしいのです。
 その反面、大事な連絡はなかなか伝わらないというのも困ったものです。

 
posted by 芝山遼太郎 at 13:30 | 田舎生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。